赤ちゃんに起こる肌トラブル|乳児湿疹を未然に防ぐ

赤ちゃんが生まれる前に

洋服

赤ちゃんに必要なベビー用品には、ほとんどが安全性が高く、赤ちゃんの心地良さを重視したものが多いです。なお、ベビー用品を購入する際は、住環境や赤ちゃんの早い成長を見越し、買い物の仕方を工夫すると良いです。

More Detail

赤ちゃんの乗り物です

赤ちゃん

ベビーカーは赤ちゃんにとって、欠かす事の出来ない乗り物です。日本のメーカーだけではなく、海外のメーカーが製造しているベビーカーも、最近では簡単に購入出来るようになっています。色々な商品を見て、お気に入りのベビーカーを見つけましょう。

More Detail

品定めをしっかりとする

水

赤ちゃんのいる家庭ではウォーターサーバーが人気です。安全な水を与えられるだけでなく、温度調節もできるので、適温のミルクがいつでも作れると人気があります。成長すればイタズラも始まるので、チャイルドロックなど安全装置がついたサーバーを選ぶ必要があります。

More Detail

肌トラブルを避ける

乳児

赤ちゃんに多い肌荒れ

生まれたばかりの赤ちゃんは、肌がとても敏感です。さらには、代謝が活発であるため、皮脂や汗などの分泌もとても盛んです。その結果、生後1ヶ月から半年くらいまでの赤ちゃんは、乳児湿疹を引き起こすことがよくあります。乳児湿疹は、赤ちゃんの顔や体にポツポツとしたニキビのようなものができるのが特徴です。特に白く見える吹き出物は、脂漏性湿疹ともいわれ、肌の皮脂が過剰に分泌されたことでできる湿疹です。赤ちゃんの皮膚はとても薄いので、乾燥などの外部環境からの刺激に弱い状態です。生後1年ほどになれば、皮膚も丈夫になって湿疹のトラブルは少なくなりますが、皮膚が弱い時期は、スキンケアには特に力を入れておくことが大切です。

適切なケアとは

毎日できるスキンケアとして、まずは肌を清潔に保つことが挙げられます。乳児湿疹ができている箇所は、優しく石鹸で洗い上げます。強くこすると、その刺激で乳児湿疹が悪化してしまうことがあるので、注意が必要です。洗い上げた後は、なるべく早く保湿を行うことも大事です。できればお風呂から上がったら5分以内には保湿クリームやオイルなどを塗ります。肌の乾燥を防ぐためにはとても大事なことです。時々、保湿クリームが赤ちゃんの肌に合わないことがありますので、様子を見ながら赤ちゃんに合ったものを使うことも必要です。なお、スキンケアの他に大事なのは、衣服での調整です。赤ちゃんは汗をかきやすいので、大人より1枚少ないくらいの薄着を心がけることで、肌トラブルを防ぐことができます。